ホーム > その他 > アメリカで手っ取り早く生活を始める方法

アメリカで手っ取り早く生活を始める方法


 米国で急遽半年程度の生活を始めることになった場合のTIPSを紹介する。私は米国生活は2度目だったので、比較的順調にスタートを切ることができた。要領さえ分かってしまえば米国で生活を始めることは日本で引っ越す場合に比べると格段に容易だ。私の場合はいろいろと事情もあり渡米後一週間で通常の生活に入ることを目標とした。一般的な海外生活情報はいろいろなサイトに掲載されているので、ここではあまり紹介されていないような事項のみ取り上げる。

■レンタカーを一週間借りる。
 ニューヨークのマンハッタン以外では、自動車無しで生活を始めるのは大変である。運転に自信があれば、とりあえず最初の一週間はレンタカーを借りることをお勧めする。この間に土地勘を掴むとともに、住居の確保、車の購入、生活基盤を確立する。レンタカーは1日単位の料金に比べ一週間単位で借りた方が得で、Travelocityなどで事前予約を入れておくとさらに安くなる。

■スーパーストアを確認する。
 米国は電化製品や生活用品に関する物価は日本に比べてかなり安い。中古を譲り受けるなどの方法もあるが、半年程度の短期間でも安い新品で十分ペイすることも多い。特にWalmart, Target, Kmartなどのスーパーストアで安くそこそこ良いものを手に入れることができる。各Webサイトから最寄の店舗を見つけることができる。複数の店舗を見て回るのが面倒な場合は、とりあえずWalmartで全部購入してしまうという手もある。なお、米国の店はレシートを保管しておけば、ほぼ何でも返品できる。

■家具付ホテルという選択
 良い住居が見つからず、車が自由に使える場合は、家具付ホテルという手もある。長期滞在型の家具付ホテルがどの地域にもあり、週$200程度からあるのでとりあえず家具付きホテルで過ごしてみるというのも良いかと思う。

(補足)現地コミュニティー情報
 最近では現地の地域情報をまとめているWebサイトがあるので事前に確認をする。ピッツバーグの場合は日本人向けに「ピッツバーグ便利帳」という充実したサイトがあったので参考になった。ただし、現地日本人情報のみに依存しすぎると視野が狭くなることもあるので注意が必要だ。時期が合えば、メーリングリストや掲示板を通じて家財道具や車、住居を丸々引き継げることもある。

カテゴリー: その他 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。

CAPTCHA