ホーム > 情報セキュリティ > 地下鉄を利用する人の顔を見て判断するという話

地下鉄を利用する人の顔を見て判断するという話


地下鉄の改札を通る人物の顔をキャプチャし、危険人物かどうかを判別するシステムが日本でも導入が検討されつつあるようだ。

物騒な世の中なのでこういうシステムの必要性は高まっていると思われるが、プライバシその他の配慮を怠るとあっという間に反対の声があがってわけのわからない話になる危険もある。

個人情報保護法的に個人データの扱いを受けて保有個人データの開示請求ができたりするのだろうか。
顔を隠して地下鉄に乗ろうとすると捕まるのかとか・・・。

(参考情報)
■顔認証システムで危険人物を判別・来春にも地下鉄駅で実験へ(NikkeiNET, 10/8)
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20051018AT1G1803118102005.html

カテゴリー: 情報セキュリティ タグ:
  1. 2005 年 10 月 23 日 12:12 | #1

    駅に顔認証システム

    ロンドンの地下鉄での爆破テロ以降、同様のテロが行われるのではないかという危険性が指摘されており、ニューヨークあたりはかなり緊張状態が続いていると聞いています。日…

  2. 2006 年 1 月 5 日 00:58 | #2

    地下鉄版Nシステム?

    地下鉄を利用する人の顔を見て判断するという話:武田圭史
    斯くして日本も、イギリスの道を辿るのか。

  1. トラックバックはまだありません。

CAPTCHA