ホーム > 情報セキュリティ > 子供を巡るセキュリティ〜ケータイ・ネットの世界で子供を被害者・加害者にさせないために

子供を巡るセキュリティ〜ケータイ・ネットの世界で子供を被害者・加害者にさせないために


明日は 第6回神戸情報セキュリティ勉強会の開催日です。

今回は「子供を巡るセキュリティ〜ケータイ・ネットの世界で子供を被害者・加害者にさせないために」をテーマに、主に子どもたちの携帯利用の実態について議論します。

講師は兵庫県が世界に誇る「兵庫県情報セキュリティサポーター」の皆様です。

子どもの情報セキュリティを語るとき、ITやセキュリティを専門とする方はどうしても教えてやらなければという視点で語ることが多いと思うのですが、子ども達のケータイの利用は大人のそれとはまったく違った世界であり、過去の経験や知識がそのまま役だつわけではありません。

明日は、そういった変化する若年層のメディア利用の実態をもとに、情報セキュリティの分野にいる大人達が何ができるのか、何をすべきなのかについて議論されます。

勉強会の概要(参加申込はすでに終了しました。)

http://cmuj.jp/081018workshop/index.html

1 日時 2008年10月18日(土) 13:00〜17:30

2 場所 カーネギーメロン大学日本校 KHB001号室
  神戸市中央区東川崎町1−3−3
  神戸ハーバーランドセンタービル17階
  http://www.cmuj.jp/campus_location.html

3 内容 (予定)
テーマ:

『〜子供を巡るセキュリティ〜「ケータイ・ネットの世界で子供を被害者・加害者にさせないために」』

セッション1:
・開会の挨拶、今回の勉強会について
・自己紹介(参加者全員)
 自己紹介では、情報セキュリティや本勉強会に対する思いと経験談、または「携帯電話や子供とインターネット」などについて、お話いただきます。

セッション2:
『子供とケータイ・ネットの世界で何が起こっているか』

(スピーカ 兵庫情報セキュリティサポーター)

セッション3:
グループディスカッション
 テーマ: 参加者の皆さんは少人数のグループにわかれ以下のようなテーマについてディスカッションしていただきます。

 「子供たちを守るために今、何をすべきか」
 「掲示板の誹謗中傷への対応策」
 「有害情報へのアクセス制限はどうあるべきか」
 「ネットを使ったいじめへの対応策」

※テーマは勉強会開催直前までメーリングリスト上で議論し、決定します。

 グループごとにそれぞれ異なる話題を持ちよって、参加者の幅広い年齢層、異なるスキルや経験、実績を活かした議論や意見の交換を予定しています。

4 定員 50名

5 参加料 無料

カテゴリー: 情報セキュリティ タグ:
  1. 2008 年 10 月 18 日 11:35 | #1

    [event] 世間はメロンなのですね。

    子供を巡るセキュリティ〜ケータイ・ネットの世界で子供を被害者・加害者にさせないために:武田圭史 今回も参加を見送った。子供の状況が解らず、何の意見も持っ…

  1. トラックバックはまだありません。

CAPTCHA