ホーム > 文化 > 数学で事件を解決するドラマ「NUMB3RS」

数学で事件を解決するドラマ「NUMB3RS」


 本日はNFL(アメリカンフットボール)AFCの決勝戦。残念ながら地元ピッツバーグ・スティーラーズはスーパーボール出場とはならなかった。
 試合を放送をしていたCBS系で引き続き新しいドラマが始まったので惰性で見てしまった。
 NUMB3RS(ナンバーズ)というドラマ、FBI捜査官の兄が担当する事件を、若き数学者が数学を使って解決するという話。
 本日のエピソードは連続殺人事件の犯人の所在を犯行現場から逆算した確率分布を使って導き出すという話で、侵入検知アルゴリズムの研究にも通ずるところがあり、ついつい見入ってしまった。数学自体のロジックは割と単純で詳しい説明もなかったが、それでもある程度数学的な推理を楽しむことができる。
 最近日本でも放送が始まったCSI(Crime Scene Investigation)など一連の科学捜査サスペンス系の流れだ。これからどういう数学ネタで事件を解決していくのかが楽しみだ。

【参考情報】
NUMB3RS公式サイト
http://www.cbs.com/primetime/numb3rs/

CSI公式サイト
http://www.cbs.com/primetime/csi/main.shtml

カテゴリー: 文化 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。

CAPTCHA