ホーム > 情報セキュリティ > CMU日本校JPCERTセミナーで紹介したCERT-VTEについて

CMU日本校JPCERTセミナーで紹介したCERT-VTEについて


先日の第2回カーネギーメロン大学日本校・JP-CERTセキュリティ・セミナーは急遽に開催が決定したにも関わらず多くの方にご参加いただき盛況に終えることができました。お越しいただきました皆様どうもありがとうございました。また関係者の皆様お疲れ様でした。

今回のセミナーでは米国CERT/CCよりCMU日本校の教員でもある2名の講師が、新たにCERT/CCのサイトで提供を始めたVirtual Training Environmentの概要説明とデモを行いました。Virtual Training Environment(仮想トレーニング環境)は、CERT/CCの情報セキュリティに関するセミナーをオンラインで世界中どこからでも受講できるようにしたものです。(ドキュメントを)読む、(レクチャーを)聴く、(デモを)見る、(ラボで)実践する。という機能を提供しています。自宅にいながら、画面の操作要領を見ながら解説が聞けたり、実際のセミナーの様子が動画で見ることができます。また、遠隔で仮想環境にログインして攻撃とその対策などを実際に体験することができます。インプットした知識を実機の操作を通じて体験できるので通常のセミナー等に比べ効果的にスキルを修得することができると思います。教材の開発チームでは実家の「おばあちゃん」でも情報セキュリティの知識や操作要領が身につけられるようなコースを作成中とのことでした。

今のところ英語の教材のみですが、以下の要領で一般の方でも無料でアクセスできますので興味がおありの方はぜひお試しください。ただしLabの操作実習の部分についてはリソースの関係から一般の利用はできなくなっています。

もちろんカーネギーメロン大学日本校のプログラムではこの環境を活用した実習を中心とした講義も提供しています。VTEでの日本語教材の提供についても強い要望があるようですのでどういった形になるかわかりませんが実現に向け取り組みを始めました。

~Virtual Training Environmentの利用方法

1 vte.cert.org にアクセス(Flash Playerが必要です。)

2 [Launch VTE]をクリック

3 左の[Find VTE Content]欄から見たい内容を選択します。
例)TCP/IP Security(TCP/IPのセキュリティ)
  Intrusion Detection(侵入検知)
  Host System Hardening(ホストのハードニング)
  Forensic(フォレンジック)
  などなど

4 右ウィンドウに選択したトピックに関して利用可能な教材が表示されます。
 以下をクリックすることでそれぞれ利用することができます。
[Download]:教材のPDFファイルを開きます(ダウンロードします)。
[Launch document]:教材のFlashPaperを開きます。
[Launch demo]:音声解説付き操作デモが見れます。
[Launch module]:実際のレクチャー(音声映像+資料)が見れます。
[Launch Lab]:バーチャルホストによる実習を行います。(ID/パスワードにて制限、一般の方はご利用になれません。)

まずはお試しください。
【CMU CERT/CC Virtual Training Environment】
http://vte.cert.org/


カテゴリー: 情報セキュリティ タグ:
  1. 2006 年 1 月 31 日 12:39 | #1

    自宅で本場の講義を

    先日、武田圭史先生のブログに紹介されていましたが、セキュリティの本場、CERT/

  1. トラックバックはまだありません。

CAPTCHA