ホーム > 情報セキュリティ > Winny開発者による安全なP2Pソフトウェア?

Winny開発者による安全なP2Pソフトウェア?


詳細は不明ですがWinnyの開発者金子さんが開発したP2Pソフトウェアだそうです。

Winnyユーザとはちょっとターゲットが異なるような印象を受けましたが、どうなんでしょうね。

これまでにWinny関連で被害に遭った方々、これから被害に遭う方の救済に役立つなら良いのですが。

(参考情報)
■次世代型P2Pデジタルコンテンツ配信システム オズテック(ドリームポート)
http://www.dreamboat.co.jp/

■危険ない“新ウィニー”金子被告が開発…弁護側明かす(読売新聞, 3/20)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060320it15.htm

カテゴリー: 情報セキュリティ タグ:
  1. keiji
    2006 年 3 月 21 日 10:47 | #1

    ■ウィニー:開発者、今度は安全に流出させる新ソフト(毎日新聞, 3/20)
    http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/it/network/news/20060320org00m300118000c.html

    安全に流出?

  2. Arain
    2006 年 3 月 22 日 13:49 | #2

    意図しない流出を防ぐと言う点では、WinMXで十分な気がしないでもないですが…。
    しかし、「安全に流出」というのは、なにやら難しい表現ですね。

  3. 匿名
    2006 年 3 月 24 日 16:33 | #3

    winnyとはだいぶ概念が異なりますねぇ~。winny=HD内共有、オズテック=配信。って感じですか。
    著作権保有者等が率先して使えば、良いツールになりそうですが、ISPは猛反対するでしょうね。。。
    winnyの時は著作権侵害で帯域規制した。って事より、バックボーンが圧迫されたから。って事ですから・・・。
    それに加えて質の高い情報がやり取りされたら、規制かけちゃうんだろーなー。

    んでも、オズテックの詳細待ち。ってトコですかね。

  1. トラックバックはまだありません。

CAPTCHA