ホーム > 書籍 > 【書評】Hunting Security Bugs

【書評】Hunting Security Bugs


ソフトウェアのセキュリティテストの観点から脆弱性の効率的な発見手法について記載された書籍である。

技術的な詳細に突っ込んでいるというよりは、実際にソフトウェアをテストする技術者が知っておくべき代表的な脆弱性やそれらに対するテスト手法についてシステマティックかつ網羅的に記載している。またXMLや.NETなどに関して発生している新たな問題やその検査手法についても言及している。

Microsoftの出版社から出ているだけに、対象がWindows上のソフトウェアに偏ってはいるが主要な脆弱性についての検査手法やその観点がツールの使用例とともに紹介されており、ソフトウェアの脆弱性監査に関する入門書として使えそうだ。ソフトウェア版Hacking Exposedといったところか。

Hunting Security Bugs
Tom Gallagher (著), Bryan Jeffries (著), Lawrence Landauer (著)
出版社: Microsoft Pr
¥ 5,412 (税込)

security_bug.jpg

※画像にはAmazon.co.jpへのアフィリエイトリンクが設定されています。

カテゴリー: 書籍 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。

CAPTCHA